読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dari88's diary

これから趣味にするプログラミング/PHP/javascript/kohana/CMS/web design/

PHPで画像処理・・・ImageMagicを導入してみた

統合開発環境 NetBeans で「PHP逆引きレシピ」のサンプルコードを教材にして PHP の勉強を進めてきました。サンプルコードはひと通り実行してみたので、Webプログラミングにおいて何が出来なきゃいけないのかが概略分かったように思います。

サンプルコードが手元にあると大変便利なので、次ステップとして「PHP逆引き大全 516の極意」という本のサンプルコードをダウンロードして NetBeans のプロジェクトに登録してみました。この本の目次も公開されていますので、コピーしてプロジェクトの下に配置しておくと便利です。

この本の目次をざっと見ていきますと、「PHP逆引きレシピ」には無かった注目点が結構あります。小生は写真が趣味なものですから、先ずは Imagemagick なるものに目が行きました。第5章5-2「Imagemagick」です。早速調べてインストールしてみたのでメモしておきます。この調査と実行は結構大変でした。

<インストール手順>
・先ずはMicrosoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージをインストールする。
imageMagick のサイトにある最新版では Apache がコケるので、同サイト旧版の倉庫から
  ImageMagick-6.6.2-10-Q16-windows-dll.exe
 をダウンロードする。
・これを実行して、インストール先を聞かれたら、
  c:\xampp\ImageMagick
 のようにする。空白文字を含むディレクトリは後でトラブルという話です。後ははいはいインストールでOKです。
・さらに Imagick という PHPImageMagick を繋ぐラッパーなるものをインストールする必要があります。Imagick のサイトから次のものをダウンロードします。
  imagick:    2011-04-25 18:49   -    php_imagick_ts.dll
・これを次のフォルダに入れます。
  C:\xampp\php\ext
php/php.ini の [PECL] と書いてあるところの下に次の一行を追加します。
  extension=php_imagick_ts.dll
・次に Windows の環境変数を追加します。
  MAGICK_HOME      c:\xampp\ImageMagick
・PC を再起動します。

因みに PHP のバージョンは PHP Version 5.3.8 です。今回いくつもプログラムをインストールしましたが、バージョンの相性が宜しくないと動作しないんですよね。動作するまで結構時間を食いました。

でもって、5-2「Imagemagick」のサンプルコードをひと通り実行してみましたが、実に多才です。Imagick のマニュアルを見ると非常に多くの処理ができることが分かります。小生なんかが出来るんじゃないかと思うことは何でも出来そうですね。